読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶にあそぶろぐ

~春はギフチョウ・夏はゼフィルス・四季をたのしみ・蝶にあそぶ~ 蝶の写真を撮りながら蝶あそびをつづります。

8/11・和泉山地のスミナガシ 〜 雑木林の朝、樹液にやってきたスミナガシが美しすぎました

スミナガシ

今日から夏休みということでしばしの休息です。まずは初日、新しく制定された祝日「山の日」ということで、和泉葛城山へ行ってきました。久しぶりに夏のスミナガシに会うのが目的です。

 

早朝に到着したいつもの雑木林。探すことなくすぐにスミナガシに出会えました。

f:id:ma23_t:20160812012052j:plain

カミキリムシの産卵痕だと思うのですが、そこからしみ出た樹液に来てました。

 

この場所のスミナガシ、最近出会いの機会が少なくなってきたように思っていましたが、今年はよほど多いのかたくさんの姿を目にすることができました。時期的にほとんどが傷んだ姿でしたが、たった1つ美しいのが居てくれたおかげで喜んで撮影できました。

 

ほんとに美しい姿です。いくら見ても飽きることがありません。

f:id:ma23_t:20160812012105j:plain

軽くストロボを当ててやると驚くほどに輝きがあふれてきます。でもやりすぎると墨流しという名前に見合った上品な色合いを超えてしまうので、その強さ加減が非常に難しいです。これも少し強すぎかな?

 

ちなみに止まってる場所は目線の位置ではなく少し高いところ。手を伸ばさないと届きません。

f:id:ma23_t:20160812012122j:plain

自然条件下で見るスミナガシに近い色合いで撮れました。だいたいこんな暗めな感じなので近づくまでなかなか気づかなかったりします。

 

赤いストローはスミナガシの特徴ですね。

f:id:ma23_t:20160812012129j:plain

背景のグリーンもしっかり撮れ、満足いくスミナガシの絵になりました。

 

そういえばスミナガシって下向きに止まることが多いような。誰かがいたりすると上向きにもなるのですが、単独だとほとんどが下向きばかりです。

 

ところでこの日はミヤマクワガタスズメバチも樹液に見ることがなく、このスミナガシしかまともに来てませんでした。他の虫たちも写真に入ってくれたらいいアクセントになったのにと、少し残念に思いました。クワガタはもっと早朝に来た方がよかったかな。けっこう人気ありますからね。

 

近くの樹に何か面白い虫は居ないかと探してみると、ヒグラシがいるのに気づきました。

f:id:ma23_t:20160812012136j:plain

なかなかの保護色ですね。お腹がすぼんでいるのでメスでした。

なんかスミナガシよりもいい絵になったような気が。そういえばヒグラシといえば白い綿のようなものを抱えてるのをよく見ますね。(あれは確か寄生されてるんでしたよね…)

 

午前中だけでしたが、美しいスミナガシに出会え撮影もできて気分すっきり。昼すぎには楽々帰宅できました。しばらく家で休憩してから久しぶりに髪をばっさり。平日は仕事、休日は蝶あそびに忙しくて行けないですからね。

 

8/11/2016 和泉山地(大阪府)にて

8/7・奈良公園のムラサキツバメ ~ 暑い昼下がり、暗がりの林で多くの姿に出会えました

ムラサキツバメ

暑すぎる日々が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか。暑いとはいっても立秋を過ぎ、確実に夕暮れが早くなっているのを感じながら、少しさみしい気にもなってきています。

 

さて先週末ですが、土曜は午前のうちに原付のオイルを交換してもらっての昼から休日出勤。7月はずっと対応してもらってたので今回は自主的に。

そして日曜は朝のうち長男と妻は学校行事で出かけたので、次男と留守番のあいだは動けず。戻ってきてからみんなで出かけようってことになり奈良公園まで行きました。奈良公園といえば鹿とのふれあいが目的なんでしょうが、自分は鹿そっちのけで夏のムラサキツバメを追いかけました。ムラサキツバメはここんところ越冬などの冬姿ばかり撮影していたので、夏姿を見に出かけるのはかなり久しぶりです。

 

生息地の日陰に踏み入るとさっそくムラサキツバメが飛び出し、少し距離を置いてすぐに止まります。

f:id:ma23_t:20160809004148j:plain

飛んでいるとほとんど黒い姿にしか見えませんが、しっかりした大きさからムラサキツバメであることがわかります。止まったところをそーっと近づいて撮影しました。

 

少し前から発生してるようで今が最盛期のもよう。なかなか新鮮なのが居てないなーと探してたらやっと美しい姿を発見!

f:id:ma23_t:20160809004238j:plain

尾状突起の先端にある白がはっきりした超新鮮な姿。逃がさないよう、追い続けてようやく撮れました。

もっとあそびたかったのですが、このシーンのあと見失ってしまいました。

 

ほかには林床の斜面にとまったところを広角で。すぐに飛んでしまうのであまり近づけなかったですが…

f:id:ma23_t:20160809004246j:plain

この林床は気温が高くなく、木漏れ日がむしろ気持ちよかったくらいです。シリブカガシ?の根元にはひこばえがいっぱい伸びていたんですが、小さな葉には食べ跡がいっぱい。さらにはたくさんの卵も産みつけられてました。先週だったら産卵シーンも撮れたかもしれません。

 

この辺りではサトキマダラヒカゲも新鮮なのが多かったです。

f:id:ma23_t:20160809004255j:plain

なかなか撮る機会が少ないので、ここぞとばかりに。よく見ると渋い蝶だと思うのですが、なぜか撮る気が起こりにくい蝶でもあったりします。

 

ムラサキツバメはそこそこに撮影できたので、家族みんなで参道あるき。鹿に葉っぱをあげたりしてあそんだのですが、参道は日ざしが強すぎて日焼けしてしまいました。

今回ムラサキツバメに夢中でムラサキシジミをしっかり撮れなかったので、夏休みになったらムラサキシジミも撮っておきたいところです…

 

8/7/2016 奈良公園奈良市)にて

7/31・夏のコジャノメ 〜 暑い昼間の雑木林、暗がりのなかはコジャノメの楽園でした

コジャノメ

前日は暗がりでのルーミスシジミ撮影が思いのほか楽しかったので、この日も暗がりでの撮影です。今回は夏のコジャノメがお目当て。映画を観にいく妻と次男をショッピングモールへ送りとどけ、そのまま長男と自分は飛鳥の公園に向かいます。

 

夏のコジャノメは春の姿と違って眼状紋がかなり大きく発達して見ごたえたっぷり。それでいて近場でも出会えるので嬉しい存在です。

 

公園のどうってことない雑木林の暗がり。落葉を踏む音に反応してか、さっそく飛び出してきました。

f:id:ma23_t:20160801011618j:plain

止まったところを確認、ゆっくりと近づいて撮影しました。暗がりでもはっきりとした目玉模様。天敵の多い夏場の暗がりとあって、蛇の目も夏場仕様になってるのかなって思いました。

 

そういえば同じ仲間のヒメジャノメは眼状紋の変化がほとんどないのが不思議です。コジャノメほど蛇を必要としないところで暮らしてるからでしょうか。考えると面白いです。

 

さっきのよりもっとかっこいい目玉に出会えました。

f:id:ma23_t:20160801011625j:plain

ウラジャノメ級の迫力です。今年も出会うことができました。目玉が多いのは警戒心の現れとばかりによく逃げるので疲れました。

 

ひたすら追い続けてなんとか広角でも。いい雰囲気で撮れました。この撮影では蚊の猛攻を浴びてえらいことになってしまいました。もう蚊ゆいのなんの~(笑)

f:id:ma23_t:20160801011632j:plain

雑木林の暗がりと、木漏れ日なんかも入ってくれてお気に入りの1枚になりました。広角といってもあまり遠近感を誇張しない自然な感じがマイブームです。

 

長男が期待していたカブトやクワガタは見られず。カナブンばかりでした。早朝だったらいたかもしれないね。

 

撮影を済ませてショッピングモールに合流。みんなでお昼にしてから買い物をしたりとまったりと過ごしました。

 

7/31/2016 飛鳥地方(奈良県)にて

7/30・暗がりの林床に降りた夏のルーミス 〜 紀伊半島の渓谷、暗がりに憧れのルーミスシジミを撮影できました

ルーミスシジミ

7月最後の週末、キリシマミドリに会いに行くこともちらっと考えましたが、今年も厳しいとの情報を見聞きしてやめちゃいました。そんでもって天気予報をみたら晴れてすごく暑くなる...これは行くなら今しかない!と紀伊半島のルーミス詣を決行しました。

 

日当たりのいい場所は倒れそうになるくらいの暑い林道も、日陰ならまだ過ごせるような状況。ルーミスシジミもきっと同じなんでしょう。暗がりの林床に降りてきてました。

 

林道を歩いていると小さな姿が飛び出しました。ムラサキシジミではありません。間違いなくルーミスです。あとは止まったところを確認し近づいて撮影するだけですが、小さな姿だけでも見失いそうになるのに飛び方自体がすばやく、強めの刺激を与えてしまうとかなり奥めいたところまで飛んでいってしまうことしばしば。そんなわけで見かけたほどには撮影できませんでした

 

それでもなんとか念願のルーミスを撮れました。

f:id:ma23_t:20160801010716j:plain

苔むした林床に降りたルーミスシジミ。とても新鮮な姿に興奮しました。

暗いところにしか止まってくれないのでシャッタースピードがかせげず、ISO感度をかなりあげての撮影となりました。

 

暗がりのシダに止まるルーミスも撮れました!

f:id:ma23_t:20160801010821j:plain

シダとのショットはかなり低いところまで降りてきたってのが伝えやすいのと、絵になるのでずっと憧れてました。ちゃんと撮れないうちに飛んでしまうのではないかと、めちゃくちゃ緊張しました。

 

しばらく見ていると急に翅をすりすり。そのうち変な感じで翅をぐりぐり。まるで体操をしているように見えました。

f:id:ma23_t:20160801010832j:plain

これ、もしかしてこのまま翅を広げるんじゃないの!と期待したんですが、残念ながらここまで。もう少しで夏のブルーが見えたのに…でも一応少しは開くんですね。まったく無理だと思っていただけに驚きのシーンでした。ま、ここまで撮れただけでもやったねって感じでした。

運がよければ夏の開翅も撮れるかも。日光浴するわけじゃないと思うので、勢いよく逃げるための準備運動だったのかもしれません。いろいろ観察してると面白い発見ができそうです。

 

望遠でしっかり姿をおさえたあとは慎重に慎重に近づき、なんとか広角でも撮れました。

f:id:ma23_t:20160801010849j:plain

今回はあえてストロボを使わず、自然の暗がりをできるだけそのまま表現してみました。今まで憧れていた「暗がりの林床に降りた夏のルーミス」にできたのではないかなっと勝手に喜んでます。

このあと思いきってもう少し踏みこんだところ、見事に逃げられました…でもすごく嬉しかったです。

 

日だまりで翅を広げる晩秋の姿も素敵ですが、やっぱり鮮度のことを考えるとルーミスは夏の蝶だなーと強く感じます。この日は少ないながらも新鮮なお目当てに出会うことができ、念願だった間近での撮影も叶って満足の日になりました。

 

7/30/2016 紀伊半島(某所)にて

7/24・沢沿いの蝶たち 〜 北アルプスへつづく林道には身近なサカハチチョウやコミスジが多かったです

サカハチチョウ

乗鞍高原で迎えた翌朝、まずはゼフィルスを見にいくことにしました。この場所は日だまりでテリを張るジョウザンミドリやアイノミドリが楽しめます。だんだん日が当たってくるとどこからともなく現れてたくさんの飛翔が見られましたが、どちらも適期が過ぎてしまっていて傷んだ姿ばかり。今シーズンはもう終わりのようでした。

 

そのあとはゴマシジミを見にいこうとしたものの、暑すぎるので昼に行ったところでまともに撮れないと確信。しばらくは涼しげな沢沿いの林道を歩くことにしました。実際行ってみるとそんなに涼しくもなかったですが…

 

この林道にはサカハチチョウを多く見かけました。

f:id:ma23_t:20160801010208j:plain

日焼けした…というのは嘘ですが、黒くなった夏の姿です。サカハチチョウは春と夏で姿が全く違う蝶です。トラフシジミやギンイチモンジセセリ、結構いろんな種類がいてます。そんな蝶は季節のたびに楽しめたりするのが嬉しかったりします。

 

湿った地面では給水する姿がありました。

f:id:ma23_t:20160801010217j:plain

少しだけ明るめの姿を見つけたので撮影しておきました。

 

翅を閉じた姿も撮れました。かっこいい模様です。

f:id:ma23_t:20160801010224j:plain

すぐに翅を広げてしまうのでけっこう苦労しました。

 

この辺りではコミスジにも多く出会えました。

f:id:ma23_t:20160801010236j:plain

羽化したてかと思うくらいの美しい姿でした。

 

コミスジとよく似たミスジチョウも多かったんですが、こちらは傷んだ姿ばかりでした。オオミスジはここでは見ませんでした。

 

蝶ではないですが、よく見かけたルリボシカミキリ。

f:id:ma23_t:20160801010246j:plain

出会えると嬉しくなってついつい撮ってしまいます。子供の頃からずっと憧れてた虫って、いつまでたっても憧れの虫です。

 

この林道では、ほんとはミヤマカラスアゲハの吸水でも撮れたらいいなと思って来たんですが、たまに飛んでいく姿をみてドキッとするだけで撮影はできなかったです。もっと天気が曇りがちであった方が良かったのでしょうか。かわりに身近な蝶たちに癒してもらいました。

 

この林道で出会った蝶としては、サカハチチョウとコミスジ以外にもスジボソヤマキチョウやコムラサキ、シータテハにウラギンシジミ、スミナガシもちらっと見たような。エルタテハやキベリタテハは見かけなかったです。

信州らしい絵も撮れず、しかも身近な蝶だけとは少しさみしい気もしましたが、それでも信州の林道は蝶が豊富だなーと感じるのでありました。

 

7/24/2016 北アルプス山麓(長野県松本市)にて

 

 

このあとゴマシジミの様子を見にいきましたが、ワレモコウの花はあったものの、お目当ての姿はありませんでした。今年は会えるかなぁ。