蝶にあそぶろぐ

~春はギフチョウ・夏はゼフィルス・四季をたのしみ・蝶にあそぶ~ 蝶の写真を撮りながら蝶あそびをつづります。

5/19/2019・吸水に訪れるミヤマカラスアゲハに魅了されました

ウスバシロチョウを撮影したあとはミヤマカラスアゲハを狙います。ま、当然の流れですよね〜。

 

林道を歩いていると、日の当たった明るい場所にその姿はありました。

f:id:ma23_t:20190521231702j:plain

春の姿は小さく、色がやさしくて大好きです。裏面の白くて太い帯に赤い紋、見どころたっぷりです。

 

表は言うまでもないですね。

f:id:ma23_t:20190521231720j:plain

この日は暑くて日ざしが強かったせいで、全開がほとんど見られずでした。

 

1つ吸水を始めると、不思議にもどんどん集まってきます。

f:id:ma23_t:20190521231735j:plain

カラスアゲハにクロアゲハも集合。もう少し距離をとったらいいのに〜と思いました。天敵回避なのかな?

 

 

別の場所でも集まってました。

f:id:ma23_t:20190521231741j:plain

美しい姿は見ていて飽きることないですね。

 

風が強かったですが、吸水のパピリオにはあまり関係なさそうな印象でした。

とりあえず、この日のお目当ての撮影はできて一安心。ほんとはタニウツギの吸蜜が撮りたかったのですが、もう少し曇り空の方が良さそうに思えました。

 

5/19/2019・滋賀県にて

5/19/2019・風に揺れるウスバシロチョウに苦労しながら楽しみました

今が旬の蝶に会いたくなって、週末の日曜は滋賀まで。川ぞいの道へ行けばなんとかなるかなっと、地図をみながら初めての場所へ行ってみました。

 

朝から林道を歩いていると、さっそく葉の裏にウスバシロチョウが止まっているのを見つけました。

f:id:ma23_t:20190521231313j:plain

薄暗かったのと風が強かったのでピントを合わせるのが難しかったですが、せっかくの美しい姿を残したくて何枚もシャッターを押しました。

 

この日はシャクの花にきているところを狙いました。

f:id:ma23_t:20190521231330j:plain

風が強くて花ごとぶらんぶらんしていて、またしても撮影には難航。ウスバシロチョウも花にしがみついているようでした。

 

シンプルな色使いになるシャクの花とのショットはくせになる美しさです。

f:id:ma23_t:20190521231350j:plain

この地域では黒っぽい姿も見るのですが、自分的には白い方が好きかな。

 

なんども書きましたが、この日はほんとに風の強かった1日。それでもなんとかウスバシロチョウの美しい姿を楽しむことができて良かったです。

 

5/19/2019・滋賀県にて

5/5/2019・クモマツマキチョウに会いにいってきました

白馬で迎えた3日目の朝、この日は少し移動してクモマツマキチョウに会いにいってきました。

 

現地に着くと、早々にメスが止まっているのを教えてもらいました。

f:id:ma23_t:20190508231226j:plain

オレンジではなかったですが、朝からラッキーな出会いができました。

 

しかしラッキーだったのはここまで。オレンジが全く現れません。

 

仕方なく周辺をぶらぶら。

f:id:ma23_t:20190508231241j:plain

キブシの花を見ると、シータテハがきていました。

 

地表近くをちらちら舞うのはスギタニルリシジミ

f:id:ma23_t:20190508231254j:plain

吸水のため、よく止まります。

 

だいぶ遅くなってあきらめかけた頃、ついに待望のオレンジが登場!
でも行ったり来たりしながら飛びつづけるだけで、さいごまで止まることはありませんでした。

 

フキの花に止まるのはシロチョウのみ。

f:id:ma23_t:20190508231307j:plain

これがオレンジだったらと… 残念な結果に終わりました。

 

とりあえずオレンジの姿は見れたということで、ギフチョウカタクリの撮影に戻ったのでした。

 

5/5/2019・長野県にて

5/3~5/2019・白馬の蝶あそび 〜 カタクリにやってきたギフチョウを楽しみました

白馬での蝶あそび初日、ヒメギフチョウを撮っていると蝶友さんからイエローバンドギフチョウがいたとの情報。さっそく移動して再登場を待ちましたが、出会いは叶いませんでした。でも、この場所で思いがけず交尾シーンを見られたのは良かったです。

ただこの場所は人が多いのと、カタクリの吸蜜が期待できなかったので、気になっていたところへさらに移動しました。

 

しばらく車を走らせ周辺を散策すると、カタクリの多い場所を発見。ここで待つことにしました。結局ギフチョウのほとんどはこの付近で撮影することになりましたが、まあギフチョウの少ないこと。しかも3日ともに天気が良く、暑すぎて大変でした。

 

 

まず初日は、午後も遅くにギフチョウが飛んできてカタクリに止まりました。

f:id:ma23_t:20190507234758j:plain

今年も白馬のギフチョウカタクリとともに撮ることができました。

 

ところで私自身、カタクリギフチョウを撮るうえでもっとも意識しているのは、ギフチョウの後翅にある赤と青、そしてオレンジの模様をいかに美しく残すかです。カタクリに止まると姿勢が斜めになり後翅が陰になってしまうことが多いので、ここはもっとも気をつけています。

あとは、カタクリの葉を入れることでしょうか。カタクリは花だけでなく葉も美しいので、しっかり写真に入れておきたいと思っています。

 

2日目ですが、初日と同じ場所で待ちつづけました。

f:id:ma23_t:20190507234813j:plain

この日も少ないながら、カタクリにやってきてくれました。

 

カタクリの花の先が色あせているのは、花が閉じているときに付いた水滴が凍ったためと教えてもらいました。

f:id:ma23_t:20190507234826j:plain

数日前は白馬に雪が降る事態。ギフチョウの数が少なかったのは、そのときの寒さで羽化直前のギフチョウに何らかのダメージがあったかもしれないとのことでした。

 

ついに花先も新鮮なカタクリギフチョウがやってきました。

f:id:ma23_t:20190507234838j:plain

暗い背景のおかげで、カタクリギフチョウが美しく浮かび上がりました。蝶も新鮮で、興奮しながらの撮影でした。

よく見ると、お腹の毛にカタクリの花粉がついていてほんのり紫色になっていました。

 

3日目もなんとか撮れましたが、ちょうど枝がかぶってしまいました。

f:id:ma23_t:20190507234859j:plain

イエローバンドでした。

撮影しにくいブッシュのなかで数回の吸蜜をみせてくれたあと、どこかへ飛んでしまいました。

 

今年のGWの白馬、ギフチョウはそれほど多くなかったですが、それでもカタクリ吸蜜を楽しむことができました。

 

5/3~5/2019・長野県にて

5/3/2019・白馬の蝶あそび 〜 カタクリの楽園を舞うヒメギフチョウに会えました

今年のGWですが、5/3〜5にかけて白馬であそんできました。

 

美しい景色と蝶たち、久しぶりの蝶仲間との再会、温泉にお酒と、白馬を満喫することができました。片道10時間の運転は大変でしたが、いい思い出になりました。

また、それぞれの場所でいろいろな方にお会いでき、楽しい時間を過ごすことができました。撮影をご一緒できた方々にはお世話になり、ありがとうございました。

 

初日、朝からヒメギフチョウに会いにカタクリの楽園へ行ってみました。

f:id:ma23_t:20190506213356j:plain

明るい草地にカタクリがたくさん咲いていました。ヒメギフチョウギフチョウと違って明るい環境がお似合いです。

 

さっそくヒメギフチョウの登場です。

f:id:ma23_t:20190506213507j:plain

ちょっと貴重?キクザキイチゲでの吸蜜を見ることができました。

 

カタクリにもやってきて吸蜜を始めました。

f:id:ma23_t:20190506213845j:plain

集まった数人で幸せな時間を共有できました。

 

いろいろな花に移っていくので飽きることがありません。

f:id:ma23_t:20190506213849j:plain

望遠やマクロと機材を変えながらいろいろなシーンを楽しみました。

 

わずかですが、青空と白馬の山が背景に入りました。

f:id:ma23_t:20190506213852j:plain

少し絞ったのでシャッタースピードがかせげず翅がブレてしまいましたが、お気に入りの絵になりました。

 

この後もしばらくヒメギフチョウにあそんでいたところ、ギフチョウの情報!そちらにおじゃまさせてもらうことにしました。

 

5/3/2019・長野県にて