蝶にあそぶろぐ

~春はギフチョウ・夏はゼフィルス・四季をたのしみ・蝶にあそぶ~ 蝶の写真を撮りながら蝶あそびをつづります。

9/15,16/2019・近所のさんぽ、百日草の花にアゲハがたくさんやってきました

9月ももう中旬なんですね。早いなーと思います。

さてと、週末からの3連休、土曜は長男の陸上試合の応援で忙しくしてて蝶を撮る暇はありませんでした。なので日曜と月曜でアゲハを撮影することにしました。アゲハはここ数日で一気に数を増やしたようです。百日草の花に来る姿が多くて、たくさん楽しめました。

 

土曜は快晴。日ざしがかなり強く、朝から気温がぐんぐん上がりました。

f:id:ma23_t:20190917205107j:plain

花に来たのはやや大きめなメス、夏型と秋型の中間っぽい姿でした。

 

次に来たのは少し小さめ。やや秋型色の強くなったメスです。

f:id:ma23_t:20190917205120j:plain

季節の変わり目は個体差が色々あって面白いです。

 

そうそう、この日は快晴というのを忘れてました。

f:id:ma23_t:20190917205144j:plain

となると、やっぱり青空を背景にしたいところです。ちょっと苦労しましたがなんとか。

 

翌日の日曜は雲が多め。風もあって秋らしさを感じました。日ざしも穏やかで幾分ですが過ごしやすかったです。

f:id:ma23_t:20190917205159j:plain

今度はオスを狙ってみました。

 

複数のアゲハを入れてみたり。

f:id:ma23_t:20190917205214j:plain

数が多いと、いろいろな絵が撮れて楽しめます。

 

ゆっくり吸蜜していたので、カメラを寄せてみました。

f:id:ma23_t:20190917205229j:plain

家から数分でたどりつけるアゲハストリートの様子です。

 

ミカン類の葉には小さな幼虫もたくさん居たので、あと1化は見られるはず。これが秋型の最終形態になるように思います。

 

ところでずっと使ってる愛用の望遠レンズですが、ここ数年は調子が悪く、AFを合わせようとするとフリーズしてしまうことしばしば。今までだましだまし使ってましたが、先日の試合の撮影でさすがにストレスとなり、月曜の撮影後にレンズを買ってしまいました。

 

次の週末は新しいレンズで彼岸花とアゲハを撮りに行きたいですが、台風も近づいてきてて天気が心配です。

 

 9/15,16/2019・大阪府にて

9/8/2019・秋本番を前にシルビアシジミを追いかけました

週末の日曜、秋本番には少し早いですがシルビアシジミに会いに行ってきました。

 

朝の涼しいうちに撮影したかったのですが、ミヤコグサの花が咲いている場所を見つけるのに苦労してしまい、いくつかの場所を回ってやっと見つけたときにはすでに強い日ざしになってしまいました。

f:id:ma23_t:20190915201701j:plain

黄色い花が鮮やかですね。

 

花の近くを歩いていると、少ないながら鮮度のいいシルビアがいるのを確認。

f:id:ma23_t:20190915201715j:plain

黄色いのはミヤコグサの花です。

 

この場所はメスの姿が目立ったので、今回は産卵シーンを狙ってみました。

 

シルビアシジミの産卵を撮るのは思いのほか大変でした。小さな姿で草むらの中に入り込み、うもれているような葉を選んでは短い時間で産卵するのですね。

f:id:ma23_t:20190915201741j:plain

f:id:ma23_t:20190915201756j:plain

草むらのなかにレンズを突っ込み、やっとのことでそこそこ満足できる産卵シーンを撮影することができました。小さな小さなみず色の卵も写すことができて良かったです。

何度か産卵を見ましたが、卵は葉の先端付近で、葉の裏に産みつけられていました。

 

この日はツバメシジミもよく見かけたので、比べてみようと同じく産卵シーンを狙いました。少し陰ったときに産卵が見られました。

f:id:ma23_t:20190915201826j:plain

こちらはヤハズソウの花?に産卵していました。

 

暑いなか、気づけばけっこうな時間あそんでしまい、帽子をかぶっていても顔はすっかり日焼けしてしまいました。なんとか一応の成果があって良かったです。


9/8/2019・兵庫県にて

9/7/2019・近所のさんぽ、アゲハが少しづつ秋っぽくなってきました

台風の影響かと思う気持ちの悪い暑さでしたが、少しだけ近所の様子を見にいってきました。これからの秋本番に向けての下見みたいなもんです。せっかく出かけて場所がなくなってたとかあったら悲しいですからね。

 

いつものランタナもだいぶと大きな株に成長。花にはアゲハがいくつか来てました。

f:id:ma23_t:20190909212032j:plain

そのなかから新鮮なメスをチョイス。色も大きさも、すこし秋っぽい姿になったような感じです。

 

後翅の青い紋が美しくなりました。

f:id:ma23_t:20190909212044j:plain

これから深まる秋が楽しみです。

 

アオスジアゲハも飛んでましたが全く撮れず。強い日ざしに耐えられなくなり、1時間ほどで撤収しました。

彼岸花はまだそれらしい雰囲気すらなかったです。

 

9/7/2019・大阪府にて

8/25/2019・今シーズン最後の信州蝶あそび ~花咲く草原でクジャクチョウに会えました

ベリタテハの次はクジャクチョウです。初日はまったく姿を見なかったので、翌日は別の場所へ行きました。花いっぱいの草原を歩きます。

 

気温がぐんぐん上がってくると、マツムシソウの花にクジャクチョウが飛んできました。

f:id:ma23_t:20190828215846j:plain

ものすごく鮮やかな姿に感動です。

 

気づけば数頭のクジャクチョウが周りにいて、どれを撮ろうか目移りするほどです。こんな光景はほんと久しぶりに見たかもしれません。

f:id:ma23_t:20190828215945j:plain

これはさっきのとは別個体。花もしっかり見えるように、横からも撮影しました。

 

憧れだったマツムシソウでの吸蜜シーンが撮影でき、これまた念願かないました。

 

ところでマツムシソウは蝶たちに大人気ですね。

f:id:ma23_t:20190828220018j:plain

モンキチョウもやってきてました。逆光での姿が美しかったです。

 

クジャクチョウはあちこちで見かけました。

f:id:ma23_t:20190828220035j:plain

定番のヒヨドリバナにもよく来てました。

 

火山岩に止まる姿も。

f:id:ma23_t:20190828220052j:plain

なかなか絵になってました。

 

ここでもキベリタテハに会えたのですが、優雅に舞う姿を見られただけでした。他の信州タテハですが、シータテハは一度だけ、エルタテハには全く出会えませんでした。アサギマダラも一瞬だけ飛んでるのを見たくらいでした。

 

今シーズン最後の信州蝶あそび、お目当てのキベリとクジャクをどちらも撮ることができ、とても楽しかったです。帰りにたくさんのとうもろこしをおみやげに買って戻りました。

 

8/25/2019・長野県にて

8/24/2019・今シーズン最後の信州蝶あそび ~白樺の樹にキベリタテハが止まりました

この週末はキベリタテハとクジャクチョウがお目当て。土曜の朝5時半に家を出発し、今シーズン最後となる信州蝶あそびへ出かけました。

 

いつものように下道で向かったので、信州には午後遅くに到着。まずはキベリタテハを探します。1時間ほど歩き、2つもの姿に出会えました。どちらも地面に止まっていただけだったので、ちょっと近づいて反応をみることにしました。

 

最初に見つけた1つはあっという間に遠くへ飛んでしまいショック。もう1つも飛んだのですが、すぐ近くに止まりました。これは何とかなるかもと、同じことを繰り返したところ、今度は少し滑空したあと白樺の幹に止まったのです。

f:id:ma23_t:20190828215552j:plain

思いがけず白樺にキベリタテハ!ついに撮ることができました。

 

横位置での撮影もここぞとばかり。

f:id:ma23_t:20190828215607j:plain

構図もへったくれもないですが、なんとか。

 

短い時間で飛び去ってしまいましたが、たくさんシャッターを押すことができました。広角などもっと撮りたかった気持ちも残りましたが、欲をいえばキリがないですね。とりあえずは念願だった白樺とキベリタテハが撮れたので良しとしましょう。

 

このあとクジャクチョウを探すも全く出会えなかったので、翌朝の撮影に向けて作戦の練り直しです。

さあ明日はクジャクチョウに会えるでしょうか…?

 

8/24/2019・長野県にて