蝶にあそぶろぐ

~春はギフチョウ・夏はゼフィルス・四季をたのしみ・蝶にあそぶ~ 蝶の写真を撮りながら蝶あそびをつづります。

1/4/2019・春を思わせる暖かさ、すごく美しいベニシジミに会えました

明日から仕事なので準備をしつつも、あまりの日ざしに居てもたってもいられず次男をつれて元旦と同じ場所へ出かけました。もしかしたらキチョウやキタテハが飛び出しているんじゃないかと思いましたが、ヒメアカタテハにちょこっと出会えただけでした。

 

かわりに足元から飛び出したのはベニシジミ

f:id:ma23_t:20190104193126j:plain

あまりの美しさにびっくりしました。まるでこの陽気のせいで羽化してしまったんじゃないかと思うほどの新鮮さです。いや、本当にそうかもしれません。

 

黒い紋が小さくなり、オレンジ色が最高に美しいメスでした。

f:id:ma23_t:20190104193214j:plain

出会いはすごく嬉しかったけど、春はまだまだ遠いので心配にもなりました。

 

もう少し追いつづけたかったけど、踏み込めないような笹やぶに入り込んでどこかに。

 

再び会えることを期待しながらホトケノザを撮影。

f:id:ma23_t:20190104193243j:plain

すっかり春の絵です。

 

テントウムシも歩きまわっていて、撮影に試みるもけっこう苦戦。

f:id:ma23_t:20190104193311j:plain

でも動く虫を撮るのは楽しいですね。

 

結局美しいベニシジミには再会できず。斜面に生えていたノビルを数本つまんでお昼のラーメンに添えるのでした。

 

1/4/2019・大阪府にて

1/4/2019・年始のご挨拶〜たくさんの蝶の年賀状ありがとうございました

今年も蝶の年賀状をたくさんいただき、どうもありがとうございました。

渡せなかった方へこちらの年賀状を掲載しようと思ったのですが、ここ数年はずっと家族写真が中心ですので、蝶(虫)部分の抜き出しで失礼します。

 

昨年の思い出に残った蝶や虫を選んでみました。

f:id:ma23_t:20181229211053j:plain

(試し刷りの撮影、インクがにじんで黒っぽくなってるのはいつものことですね。アゲハが黒いわけではありません…)

 

今年は彼岸花にきたミヤマカラスアゲハが一番の成果でした。

もう二度と撮れないかもしれない、一瞬の美しいシーンをこれからも追いかけていきたいです。

f:id:ma23_t:20181229211122j:plain

今年は原点復帰と新たな挑戦。これがテーマですかね。

昨年末に買った機材を新たに追加し、今年は一味違った絵を加えたいと思ってます。

 

さあ今年はどうなるかな??

1/1/2019・あけましておめでとうございます〜ヒメアカタテハが今年の初蝶となりました

f:id:ma23_t:20190101202301j:plain

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

暖かな日ざしだったので酔い覚ましをかねて近くを散歩。

f:id:ma23_t:20190101202329j:plain

ヒメアカタテハの吸蜜に出会えました。

 

花から花へと飛びながら吸蜜を続けていました。

f:id:ma23_t:20190101202342j:plain

花での吸蜜というからには少しでも花と口吻がみえるように心がけたいです…。

 

自分の思うようにはなかなか撮れません。

f:id:ma23_t:20190101202347j:plain

それがまた面白くて、撮影にいきたくなるのですけどね。

 

あと少し楽しめるかなというところでまさかのバッテリー切れ。撮影の前にはちゃんと充電しておかなきゃです。

 

皆さんにとって素敵な年になりますように…!

 

1/1/2018・大阪府にて

12/31/2018・蝶あそびの撮り納め〜年末までムラサキツバメの越冬集団は持ちこたえました

まつみです。今年もあと残すところわずかになりました。

さて、今まで観察していたムラサキツバメの越冬集団について、今年さいごの様子を確認しておきたく撮り納めに出かけました。

 

1つめの集団ですが、無事に残っていました。

f:id:ma23_t:20181231160224j:plain

今回はつい先日買った新しい機材を用いての試し撮りです。

 

広角にしても問題なく撮影できました。

f:id:ma23_t:20181231160245j:plain

一脚を用い、カメラを高く上げています。おかげで上から見下ろすような角度で撮影できました。

 

もう1つ、マテバシイの集団は3頭まで激減していましたが、なんとか残りました。

f:id:ma23_t:20181231160310j:plain

まずは標準的な焦点距離で。こちらも問題なく使えそうです。もう少し寄ろうとすればマクロレンズの方が簡単そうです。

 

焦点距離をそのままに、少し下がって雰囲気重視に。

f:id:ma23_t:20181231160327j:plain

手ぶれ対策などの工夫が必要ですが、今までなら高い位置で諦めるような場所でも撮影のチャンスが大幅に増えました。

 

もっと広角の絵もあるのですが、撮影場所の都合で割愛です…

 

来シーズンで実践したいことがあるので、しばらくは撮影の練習になりそうです。昆虫館に通おっかな。

 

さてさて、今年も多くの方々にお世話になりました。蝶にあそぶろぐにも多くの方に来ていただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよい年をお迎えください。

 

12/31/2018・大阪府にて

12/16/2018・越冬蝶にふりかかる厳しい冬を目撃しました

越冬蝶さがしの合間に。

f:id:ma23_t:20181216225350j:plain

冬はサザンカの花が見ごろですね。さすがに気温が低いのか、虫の姿は見つからずでした。

 

植え込みのなかを出たり入ったりしていたメジロがいたのでちょっと撮影してみました。

f:id:ma23_t:20181216225411j:plain

このときまでは小鳥はかわいいなと思いながら見ていました。

 

しばらく見ていると、なんと越冬している蝶をつかまえました。

f:id:ma23_t:20181216225429j:plain

あまりに急な出来事でびっくりしました。

 

からしたら鳥の存在は恐怖でしかないでしょうね。

f:id:ma23_t:20181216225435j:plain

冬越しの蝶は動けないので、見つかることは死を意味するんだと改めて。

 

越冬蝶が見つかることは嬉しいですが、蝶は見つかったことを喜んでいないでしょう。立場を変えるとものの見え方も一変して、冬の厳しさを感じるのでありました。

 

12/16/2018・大阪府にて